人見知りとは

人見知りとは、元々は子供が知らない人に対して、恥ずかしがったり、嫌がったりすることを指していましたが、今では大人にも使うようになりました。
大人の場合の人見知りは、内気、恥ずかしがりや、非社交的で人付き合いが苦手なことをいいます。
人見知りは対人恐怖症の一種だと考えられることもありますが、個人差はあるにしろ、誰でも持っている本能的な恐怖心が原因なので、対人恐怖症とは違うのです(対人恐怖症は、「人と会うこと」が怖くなる病気)。
知らない相手に危害を加えられるのではないかという動物としての本能なので、日常生活に支障がないなら問題はありません。
それまでは平気だったのに、思春期になると急に人見知りになるというケースもありますが、その年頃にはよくあることで、成長するにしたがって自然に治ります。
人見知りの人は、初対面の相手に対する警戒心が強いので、騙されにくくなるというメリットもありますから、悪いことばかりではないのです。
また、自分は人見知りだと思うことで、自己暗示をかけてしまっていることも多いので、あまり意識しない方がいいでしょう。
人見知りは、慣れである程度は克服できますので、接客業のバイトなどをして、あえて自分を知らない人に多く接する環境に追い込むのも一つの方法かもしれません。
人見知りであることをすごく悩んでいるのなら、誰かに相談してみるのもいいと思います。
「人見知りだからあまり上手く話せない」と相手にいってしまうのも、有効な手段です。

お役立ちサイト&関連サイト紹介です。

借金返済の電話相談
借金が返せずに弱っている人、一人で悩んでないで、今すぐ電話で無料相談してはいかがでしょうか?司法書士・弁護士に、借金を返済する手助けをしてもらいましょう。